ダイエット 痩せる 方法 口コミ RAD

女性のためのダイエット 痩せる スタイルアップ に関する口コミ情報

水ダイエット 効果 やり方 水を飲んでダイエットになるって本当?「水ダイエット」の効果や実践方法を紹介します。

更新日:

水ダイエット 効果 やり方

水ダイエット効果やり方

ただ水を飲んでダイエットの効果が得られる、という話を聞いたことがある方も多いと思います。
しかし、「本当に効果があるのか、半信半疑」という方もおられることと思います。

ここでは、水ダイエットで得られる効果と、その実践方法についてまとめます。
水を飲むだけ、という手軽な方法ですので、「太ってきたかな?」と気になる方は、水ダイエットに挑戦してみるのも良いかもしれません。

 
 

本当に「水を飲むだけ」でダイエットになるの?

人間にとって水は大切なもの

人間の体のうち60%から70%が水分で構成されている、という話を効いたことがありませんか?
この水分の量を維持することで、私たちの体の健康は保たれています。

もしも水分が不足した状態となると、熱中症、脳梗塞、心筋梗塞といった病気のリスクを高めてしまう可能性があると言われており、真夏などの暑い時期はもちろん、冬場でもこまめに水分を補給することが推奨されています。

とくに気を付けたいのが、汗をかくことで体内の水分が減りやすくなる運動後や、入浴の際です。
喉が乾いたという実感がなくても、こまめに水分を補給しましょう。
ジュースやお茶ではなく水を飲むことがポイントです。

 

実際に水ダイエットを行った人の感想は?

モデル、女優といった見られることを職業としている女性の多くは、1日にたくさんの水を飲んでいる、という話を聞いたことがありませんか?
こういった方たちの口コミや体験を見聞きした女性たちも、水ダイエットに挑戦しているようです。

水ダイエットの効果を感じられた人からは、「水をたくさん飲むことで便秘が解消されて毎朝スッキリできる」というものや、「むくみが気にならなくなってきた」という声、「水ダイエットで体重が減った!」という感想が挙げられています。

しかし、「水を飲むということに飽きてしまった」、「水を飲むだけだと食欲はごまかせない」という理由で、水ダイエットを継続できなかった、という方もおられました。

 
 

水を飲むことで得られる効果

便通を改善させる

便秘になってしまう理由はさまざまですが、水分が足りていない、ということも原因のひとつだと言われています。
水分不足で便秘となっている場合、ウサギの糞のようにコロコロとした便が出ますので、水ダイエットを行わなくてもこまめに水を飲むようにするのが良いでしょう。

また、便秘というのは腸内環境を悪化させるものでもあります。
腸内環境が悪化すると脂肪がたまりやすくなったり、過度に栄養を吸収したりということが起こるため、太りやすい状態を作ります。

 

デトックス効果

デトックスとは、体内にある老廃物を排出することです。
便、尿を通じて体の中にある不要なものを排出する必要がありますので、毎朝きちんと排便があること、1日8回程度の排尿で毒素を排出することが理想的です。

 

血流改善

血液の中にも水分が含まれており、その割合は50%ほど。
血液は全身を巡っていくうちに、老廃物を回収していきます。
回収した老廃物を持っている血液をきれいにするためにも、水分が使われていますので、適切に水分補給を行うことで血液の流れをよくしてサラサラの血液をつくることが可能になります。

 

代謝アップ

前述のように、水分を補給することで血流がよくなると代謝が上がります。
代謝の上昇は体温の上昇にもつながるのですが、体温の上昇によってさらに代謝がアップするという効果が得られるようになり、痩せやすい体を作りやすくなります。
その効果は、1度ごとに12%だと言われています。

体温が低いと代謝も悪いのでダイエットをしても効果が出にくいだけでなく、免疫力の低下にも繋がりますので、健康のためにも水ダイエットは良い方法だと言えるのではないでしょうか。

 
 

逆効果になりかねない、水ダイエットの間違った知識

水分なら何でも良い、という訳ではない

水ダイエットを行う際に厳守してほしいのは、「水」を飲むということです。
お茶、コーヒー、紅茶、ジュースでは意味がありません。

これらの飲料の中にはカフェイン、糖分などが含まれているため、それらを分解する必要があります。
この分解に水が使われてしまうため、水ダイエットとしての効果は得られにくくなります。

 

とにかく水をたくさん飲むのはNG

確かに水ダイエットは意識して水を飲む必要がありますが、一度に大量の水を飲んでもダイエットの効果は得られにくいと言われています。
それどころか、健康を損なう可能性すらありますので、正しい水ダイエットの方法を学んでから実践しましょう。

 
 

水ダイエットを実践してみよう

飲む水は好きなものでOK!

いざ水ダイエットをしよう、と思ってもダイエットに使う水はどれが良いのか迷ってしまう方もおられると思いますので、まずは水について解説します。

普段あまり意識していないかもしれませんが、水には種類があります。
これは、水1,000mlに含有されているカルシウムイオンとマグネシウムイオンというふたつの成分の量で区別されており、「軟水」と「硬水」と呼ばれています。

私たちがなにげなく使っている水道水の多くは軟水で、飲んだときに口当たりがまろやかなのが軟水の特徴です。
軟水はカルシウムイオンとマグネシウムイオンの含有量が120mg以下のもので、市販されているミネラルウォーターでは、い・ろ・は・す、南アルプスの天然水、阿蘇の天然水、奥大山の天然水、クリスタルカイザーが軟水にあたります。

一方、硬水は日本国内では一部の地域でしか採水されておらず、主に海外で多くなっています。飲んだときに水に硬さがあるのが特徴で、エビアン、ペリエ、サンペレグリノが硬水です。

軟水と硬水のどちらを選んでも水ダイエットの効果に差はありませんので、好みにあったものを選びましょう。

ミネラルウォーターを購入するのはコストもかかりますので、フィルターでこされた水道水を使っても良いでしょう。

 

どれだけ水を飲めば良いの?

さきほども解説しましたが、水を飲む量が多ければ多いほど良い、というわけではありません。
水ダイエットを行う際には、自分の体重の4%の水を飲むことが推奨されています。
体重45kgの方であれば飲む水の量は1.8L、体重50kgの方であれば2Lとなりますので、一度自分の体重をもとにどれだけの水分が必要になるかを計算してみましょう。

 

いつ水を飲めば良いの?

1L以上の水を一度に飲むのは大変な作業ですし、体に負担をかけてしまいますので、水ダイエットに必要な量を1日かけて飲み干すようにしましょう。
起床後に水を飲むと便秘解消にも効果的ですので、まずは目覚めてすぐ後にコップ1杯を飲み、その後は外出する前に1杯、食事の前にも1杯、入浴前に1杯、寝る前にも…というふうにタイミングを決めておけばたくさんの水を飲む習慣もつけやすいはずです。

ちなみに、食後に水を飲むと胃液を薄めてしまうため、消化活動の邪魔をしてしまうことになりかねませんので、食後は避けてください。

 
 

水を飲んで健康効果も得られるかも?水ダイエットを始めてみよう

水を飲むことで、ダイエット効果を高めるのに有効な健康効果もある、水ダイエット。
水道水でも行えるというのも手軽で嬉しいポイントですね。
水をこまめに飲む、ということに慣れると続けやすいため、かなりおすすめのダイエット方法です。
運動などと組み合わせるとさらにダイエットが効果的になるかもしれませんね!

 
 

-ダイエットの豆知識
-, ,

Copyright© ダイエット 痩せる 方法 口コミ RAD , 2018 All Rights Reserved.