ダイエット 痩せる 方法 口コミ RAD

女性のためのダイエット 痩せる スタイルアップ に関する口コミ情報

ダイエットの豆知識

楽に痩せるダイエット法 コツやポイント

投稿日:

楽に痩せる方法ってあるの?ちょっとしたコツを教えます!

ダイエットはしたいけれど、本格的に何kgも落としたい訳ではない、すこし気になる部分を引き締めるだけで良い、という人は多いと思います。
だけど面倒なことはしたくないし、運動を毎日続けるのは無理、といった要望に応えられるよう、日常生活でも取り入れられるような痩せるためのコツやポイントについて解説します。

楽に痩せるダイエット法

 
 

目次

取り入れやすい運動

ダイエットのためには運動を行って体の代謝を高めたり、引き締めを行うことが最も効果的です。
ただし、毎日続けるのは難しいものです。
しかし、これから紹介するのは手軽に行えるものですので、今日からでも始めてみましょう。

テレビを見ながら腹横筋を鍛えよう

1.膝を立てて仰向けになる
2.息を吸うときは胸を膨らませるように意識し、吐く時はお腹を思い切りへこませる
この繰り返しを行うだけです。

ポイントは、お腹をへこませるときです。
地面にお腹を近付けていくような感覚で、行いましょう。
呼吸はゆっくり、深呼吸をするように行えば効果が高まります。

下腹に力を入れて過ごす

これは運動ではありませんが、下腹に力を入れてお腹をへこませてみると意外と力が必要になるのが分かると思います。
これをできるだけ続ける、少し休憩してまた力を入れる、ということを繰り返すと、下腹が鍛えられていきます。
下腹に力を入れてみると自然と姿勢も良くなりますので、仕事中や散歩中など、思いだしたときにすぐに力を入れるようにするのがおすすめです。

家事の時間もダイエットになる

何気なく行っている家事の動作も、意外とエネルギーを使うものです。
掃除、料理、皿洗い、といった家事を30分程度行うと、50kcalから60kcal程度を消費しています。
ほんの僅かな量だと思われるかもしれませんが、これも積もり積もれば大きな数へと変わります。

また、時間があるときにはいつもより念入りに掃除をしてみたり、料理に手間をかけてみるのも良いでしょう。
家事をするときに、下腹に力を入れてみるとさらにダイエットの効果がアップするかもしれません。

歩くことを意識する

ウォーキングを行ってください、と言われると「どのくらい歩けば良いの?」「あんまり運動はしたくないんだけど」と思われてしまう方もおられるでしょう。
しかし、誰もが毎日必ず行う動作が歩く、という動作です。

1時間歩くぞ、と決めて歩くのももちろんおすすめなのですが、時間的な余裕がないという方も多いと思います。
そういった方は、エレベーターやエスカレーターを使わずに移動する、都市部で電車を使って通勤、通学をしている方は1駅歩く、というふうにするだけでも十分な効果が得られます。

スマートフォンには万歩計機能があるものもありますので、毎日の歩数をチェックすると歩くのが楽しくなるかもしれませんよ。

 
 

食事の際に取り入れたいこと

食事はバランスよく摂取するのがダイエットのためにおすすめですが、食べ方に気を付けることでも痩せられるようです。

よく噛んで食べる

これは有名な話ですね。
30回咀嚼するように、と言われたことがある方もおられるのではないでしょうか。
たくさん噛むことで、満腹中枢が適度に刺激されて少ない量でもお腹がいっぱいになったと感じられますし、間食も控えることができます。

それ以外にも、食べ物をよく噛むと、唾液の量が増えますし、固形のものがかなり細かくなります。
そうなると消化と吸収の働きが効率よく行われるようになり、血糖値が上がりすぎないようにすることができます。

食べていく順番に気を付ける

これも有名な話ですが、食事を始める際には汁物、野菜から食べ始めるようにすると血糖値の上がり方を穏やかにさせ、満腹中枢を刺激します。
真っ先に炭水化物を食べてしまうと急激に血糖値が上がってしまいますので、注意しましょう。

食べる順番の参考にしたいのは、コース料理です。
スープ、前菜から始まりメインへと変わって行く順序を思い出しながら、普段の食事を行ってください。

丼ものなどを食べる際には、お味噌汁をつけるなどの工夫をすれば良いでしょう。

1日2リットルの水を飲む

美容意識の高い女性はなるべく水を飲むようにしているようです。
というのも、水を飲むと空腹感を感じることが少なくなり、自然と食べる量を減らせるからです。
また、水は体内で熱を生みだす効果もありますので、カロリーを消費させる効果も期待出来ます。

しかし、1度に2リットルの水を飲むのは止めてください。
コップ1杯の水をこまめに飲むようにするのがおすすめの方法です。
飲みなれないときつく感じられるかもしれませんが、食事の前に1杯、お手洗いに行った後に1杯、というふうにタイミングを見付けて飲むようにすれば意外と飲めるようになります。

 
 

生活習慣で気を付けておきたいこと

運動、食べ方の他には生活習慣にも注意をしたいですね。
ひとつひとつのことを積み重ねていけば楽に痩せられますし、健康の面でも良い影響が出てきますよ。

足を高くして代謝を上げる

寝るときにクッションや座布団を使って足を10cmほど高くして寝ると、代謝が上がると言われています。
代謝が上がれば痩せやすい身体を手に入れられますので、これは試してみる価値がありそうです。

また、足を高くすることはむくみにも効果的ですので、足のむくみが気になる方はぜひ行ってみてください。

質の高い睡眠をとる

成長ホルモンが分泌されると肌のために良い、というのはよく知られていると思いますが、成長ホルモンはエネルギー消費にも関わりがあるものですので、きちんと睡眠をとることがダイエットにも繋がります。

気を付けたいのは、寝る前に運動をしない、暗くした状態でスマホを見ない、という点です。
こういったことは神経を刺激して睡眠の質に悪影響を及ぼします。
また、睡眠時間は7時間程度が最も良いと言われています。
夜更かしは止めて、早めに横になりましょう。

朝日を浴びる

朝の太陽光は、脳を目覚めさせて1日の生活リズムを整えるために効果的だと言われています。
しっかりと脳と体を目覚めさせておけば、夜になると自然と睡魔がやってきて眠れるようになりますので、質の高い睡眠に入ることができるようになります。

毎日体重計にのって体重をチェックする

かつて大ブームとなったレコーディングダイエットを覚えていますか?
食べたものを記録してカロリーを計算する、というものでした。

しかし、毎食記録してカロリーを算出するというのは少し手間ですので、せめて自分の体重を把握しておくようにすればダイエットをするという意識が高まります。
体重を測る時間がバラバラだとあまり意味がありませんので、朝起きたときやお風呂上りなど、決まった時間に体重計に乗るようにしましょう。

 
 

楽に痩せるために覚えておきたいこと

いくつものポイントを紹介してきましたが、どれも難しいものではありません。

・食事の際には食べる順番に気を付けて、しっかりと噛んで食べる。
・何もしていなくても下腹部に力を込める、歩けるところは歩く。
・睡眠の質を高めるように意識して、朝日を浴びてみる。

こういった点に注意すれば、ゆっくりとではありますが痩せていくことができるはずです。
もちろん、これを継続していくことが大切ですので、ひとつひとつ習慣にしていけるように気を付けてみてください。

 
 

-ダイエットの豆知識
-, ,

Copyright© ダイエット 痩せる 方法 口コミ RAD , 2018 All Rights Reserved.