ダイエットの豆知識

断食 ファスティング で痩せる リバウンドしないダイエットを成功させる方法

投稿日:

断食 ファスティング で痩せる リバウンドしないダイエットを成功させる方法
断食(だんじき)でのダイエットを成功させるには、注意するポイントがいくつかあります。短期間で体重を落としたい人などが挑戦することが多い断食ダイエットですが、実際に断食によるダイエットで成功した人はそれほど多くないと思います。断食をすると始めたばかりは一時的に体重を減らす頃ができますが、断食を長く続けるのは難しくストレスも感じやすいダイエット方法です。最初は順調だったけど、結果的にストレスが溜まりその反動で食べてしまうなんてケースをよく聞きます。

断食ファスティングダイエット

では「断食(だんじき)」や「ファスティング(ふぁすてぃんぐ)」でダイエットを成功させるにはどういったことに気を付ければいいのでしょうか。

 

断食(ファスティング)について

そもそも「断食(だんじき)」とはどういったことなのか、説明していきたいと思います。ファスティング(ふぁすてぃんぐ)と呼ばれることもありますが、一般的には断食と呼ぶ人が多いと思います。

定められた期間の間は何も食べずに、一切の食べ物を断つというのが「断食(だんじき)」です。場合によってはある特定のものだけを断つことも断食と呼ぶ場合もあります。また食べ物を断つという行為なので水分は飲んでも構いません。

 

なぜリバウンドするのか

短期間でいきなり減量をしようとすると、体がびっくりしてしまいます。そうすると体はもとの状態に戻ろうとするのです。私たちの体は自然とそのような意識が体に入り込んでいるので、急激に体重を減らしても反動的に体重は戻ろうとしてしまうのです。

 

どんな時にリバウンドするの?

体重が減って、体が元の状態に戻ろうとしているときに「脂質」と「糖質」を多く摂ってしまうとリバウンドしやすくなります。体がもとに戻ろうとしている状態というのが、無理な食事制限によってストレスを感じやすい時期と重なりやすいので、ストレスのせいで暴食に走ってしまい逆に体重が増えてしまうということになります。この状態のときに取り込んだエネルギーは脂肪に変わりやすいので太りやすくなるのです。
また、飢餓状態でもリバウンドをしやすいです。飢餓状態の体は本能的に、カロリーを消費しないようにという意識になります。その状態でいつもの量の食事をすると消費カロリーは減ったままで、カロリーの蓄積量が増えてしまいます。なので飢餓状態でもリバウンドをしやすくなってしまうのです。

 

 

失敗しがちな断食例

 

2日以上の断食をする

「断食(だんじき)」は短期間で行うことによって、内臓を休ませたり胃腸を休めせたりすることができます。それを長期間で行ってしまうと、健康状態に悪影響が出てしまいます。胃腸を弱めてしまったりストレスをため込んでしまう原因にもなります。長くても2日までの断食にして、精神的な負担も少なくするようにしましょう。

 

断食中は食べ物のことは忘れること

断食中は食べることを我慢している状態なので、あれが食べたいとか、これが食べたいなど考えてしまいがちですが、断食中に食べ物のことばかり考えてしまうのは良くないです。食べたいけど食べれないことに対してストレスを感じてしまいますし、断食を終えた後に開放的な気分になり食べ過ぎてしまうこともあります。なので他に夢中になれることを見つけることが断食成功への近道です。

 

やめた後の食生活にも気を使う

断食後の食生活次第で体重の変化には大きく違いが出ます。断食後はまずおかゆなどの胃に優しいものから食べるようにしましょう。胃がからっぽになっている状態なので少しずつ胃を慣らしていくことが大切です。我慢していた分、ごはんやラーメンなどを食べたくなる気持ちもわかりますが、炭水化物を急激にとると血糖値が上昇して、食欲もさらに増してしまいます。頑張った努力を無駄にしないためにも食生活には気を使うようにしましょう。

 

 

断食ダイエットを成功させるために

 

目標を高くしすぎない

短期間で体重を一気に減らす!などの目標を立てるのではなく、少しずつ少しずつ体重を減らしていくという計画を立てましょう。
ダイエットでの効果を確かなものにするには1か月で5%以内の範囲で体重を減らすのが理想的です。断食は1~2日食事を断って行いますが、1回の断食で一気に体重を落とすという目標にするのではなく、間を空けながら何回かの断食をしていくなかで体重を減らすという目標を立てましょう。

 

カロリーコントロールをする

飢餓状態への知識が足りないとリバウンドしてしまう危険性も高くなります。
断食ダイエット と飢餓状態は常に隣り合わせにあるという意識を持つようにしましょう。また飢餓状態になるとなかなか抜け出せないということも理解しておきましょう。
人によって体重が減りにくくなる時期(停滞期)というのはバラつきがありますが、1か月程度の人がほとんどです。短い人だと2週間ほどで停滞期に入る人もいます。
その停滞期の時に以前と同じような食事をとるのではなく、8割ぐらいに抑えるようにしましょう。そのカロリーコントロールをしっかりとしないと、脂肪の蓄積量が多くなってしまいます。

 

 

断食後の食事のポイント

では断食後の食事ではどのようなことに気を遣えばいいのでしょう。
「断食ダイエット」でリバウンドするか、しないかの大きな分岐点になるのでここでのポイントをしっかり理解しておきましょう。

 

糖質を抑える

断食 が終わり、普通の食事をとるようになったときに気を付けてほしいのは、糖質の量です。リバウンドの一番の原因として多いのがこの糖質のとりすぎです。
炭水化物には糖質が多く含まれています。かといって全く炭水化物を食べてはいけないわけではなく、お米の量やパスタ、うどんなどの麺の量を8割にするなど量を減らすように心がけましょう。またスイーツなどの間食も控えるようにすれば糖質カットをすることができます。断食後の1ヶ月ほどは意識して糖質を抑えることをオススメします。

 

脂質を抑える

糖質の過剰摂取がいちばんのリバウンドの原因と言いましたが、脂質もリバウンドには大きく関わりを持っています。脂質が多く含まれる食品はなるべく控えるようにしましょう。
ラーメンやケーキなどのメニューは特に要注意です。脂質と糖質が組み合わさっているのでリバウンドには大敵のメニューです。我慢していた分甘いものに魅力を感じてしまいますが、自分を甘やかさずに厳しくしましょう。

 

 

断食ダイエットで心がけること

断食ダイエット でリバウンドをしないために心がけてほしいことは代謝を上げるということです。代謝を上げる方法にもいろいろなものがあるので紹介していきます。

 

酵素を意識的にとるようにする

体の代謝の働きを良くしてくれる「酵素」をなるべく摂取するように心がけましょう。断食中は栄養バランスが崩れがちなので、酵素を活用することをおすすめします。スムージーやドリンクタイプになっている酵素食品が多いので、内臓など体への負荷を少なく断食ダイエットのサポートをすることができます。

 

簡単な運動を取り入れる

激しい運動などではなくウォーキングなどの軽い運動で構いません。無理な運動をしても、それをストレスに感じてしまったり、体を痛めてしまったりしては意味がありません。だれでも気軽にできるウォーキングでも、代謝アップに繋がりますし気分転換にもなります。まずは1日30分から始めてみるなど、少しずつ生活習慣の中に運動を取り入れてみてください。

 

半身浴をする

湯船にはつからずにシャワーだけで済ませている人もいるかと思いますが、湯船につかることは体にとっては大切なことです。湯船につからないと1日の疲れが十分に取れなかったり、体を芯まで温めることができません。熱いのが苦手な人は半身浴でも十分です。リラックスにもなるのでたまには半身浴でもして気持ちをリフレッシュさせましょう。ただあまり長時間行うとのぼせたりする可能性もあるので時間調節は自分の体調に合わせて行いましょう。また途中で水分補給をするのも効果を高めてくれます。

 

 

ダイエットに焦りは禁物!

ダイエットにもいろいろな方法があるので、何かしらの方法でダイエットに挑戦したことがある人はたくさんいると思います。ただどのダイエットにも共通して言えることは、ダイエットに焦りは禁物だということ!たとえ短期間で痩せることができたとしても、それをずっと維持できるかどうかは別問題です。体への負担も考えながら健康的に痩せていくことが大切になります。じっくりと時間をかけて自分の理想の体を手に入れるために頑張りましょう!

 

 

 

 

-ダイエットの豆知識
-, , , , ,

Copyright© ダイエット 痩せる スタイルアップ に関する口コミ情報 , 2017 All Rights Reserved.