ダイエット 痩せる スタイルアップ に関する口コミ情報

女性のためのダイエット 痩せる スタイルアップ に関する口コミ情報

半身浴ダイエット効果

投稿日:

半身浴ダイエット
半身浴(はんしんよく)で手間をかけずに痩せられるって本当?
半身浴は、お金と手間をかけずに行える ダイエット方法 として女性たちに支持されてきました。実際、お水を手に長時間湯船に入っているという方もおられると思います。
ですが、「長時間お風呂に入るだけで痩せるなんて、そんな都合の良いダイエットなんてない」「汗はかくけど、痩せるのは気のせいでは?」という声も一定数あるのも確かです。
ここでは、半身浴 が本当に ダイエットの効果 を発揮するのかということを検証します。
どうすればダイエットになるかという効果的な方法も調べましたので、半身浴に興味がある方はぜひチェックしてください。

半身浴ダイエット

 
 

半身浴ではカロリー消費は期待できない

半身浴でダイエットと聞くと、半身浴をしている間に身体の中でのカロリー消費が行われるのかな?と思われるかもしれませんが、半身浴そのものにはカロリーを消費する効果はほとんどありません。
数値にすると、1時間半身浴をしても消費されるカロリーは、ほんの100kcalです。
入浴の際にはエネルギーを使わないため、半身浴だけでカロリーを消費して痩せる、という効果は期待しない方が良いでしょう。

 
 

では、半身浴でどんな良いことがあるの?

体の冷えを改善して、新陳代謝を促進させる

1年を通して過ごしやすい温度が設定されている現代ですが、身体の内側は深刻な冷えという問題を抱えている場合が多いようです。それはとくに女性に多く、1年を通して冷え性に悩んでいるという方も少なくありません。体が冷えていると生理痛もひどくなりやすいため、真夏でもひざ掛けを手放せないという方もおられるのではないでしょうか。

冷えを改善するためには、身体を冷やさない、暖かいものを食べる・飲む、ということも大切ですが、半身浴で身体をじっくりと温めて芯から冷えを取り除いていくことが効果的です。

冷えが改善されると、血流が改善して冷え性が軽くなりますし、新陳代謝も促されるためエネルギー消費しやすい体へと変わります。そのことで、運動などの効果も出やすくなり、ダイエットが成功しやすくなると考えられます。

汗をかいて老廃物を排出する

老廃物を排出するためには、汗をかくことも大切なことです。
汗をかくとリンパの流れもよくなり、それに乗って身体の中にあった老廃物が排出されていきます。すると、毒素や余分な脂肪も排出され、太りやすい状態から脱出できます。
身体の中から有害な物質を排出するデトックスという言葉がありますが、半身浴はデトックス効果も抜群です。

毛穴が開いて汚れを落としやすく

長時間湯船に浸かっていると毛穴が開くうえ、汗をかくためにさらに毛穴が開きやすくなります。この状態を利用して、毛穴につまった汚れを取り除くこともできます。
毛穴の開きや黒ずみといった状態を改善するためにも半身浴はおすすめです。

リラックスして安眠できる

ぬるめのお湯に浸かると、自律神経の乱れを整えることもできます。半身浴をすると、副交感神経が優位となり、リラックスすることができますので、半身浴後に自然と眠たくなる効果が出ます。そのまま眠ることで副交感神経が優位なまま質の良い眠りに入れますので、疲労回復効果も高まります。

 
 

正しく半身浴をして効果を手に入れよう

お風呂の温度は38度から40度

半身浴を成功させる最大のポイントは、お風呂の温度をぬるめにすることです。
熱いお風呂が好きな方は、40度以上に設定していると思いますが、それでは短時間で満足してしまいますし、長時間湯船に入っているのがきつくなってしまいます。そのうえ、温度が高いと副交感神経よりも交感神経の方が優位となるため、目が冴えて身体が覚醒している状態になります。これではリラックス効果も得られませんし、湯あたりして気分が悪くなる可能性も高まります。
熱いお風呂が好きでも、お風呂の設定温度は40度までにしましょう。

みぞおちまでお湯に浸けて20分

いつもより少し長めの15分程度では、半身浴にはなりません。最低でも20分は湯船に浸かっておきましょう。その際、お湯に肩まで浸かるのではなく、みぞおち辺りまでにしておくのもポイントです。そうすると身体がじわじわと温まるため、のぼせることも避けられます。
上半身の冷えが気になる場合は、タオルをかけたりその都度お湯をかけたりしてください。

水分補給を忘れずに!

汗をかくということは、身体の中から水分が出てしまっているという状態です。これでは血中の水分濃度が低下してしまい、心臓や血管に負担をかけることになります。健康を害さないためにも、半身浴をする際には水分をしっかりと補給してから行いましょう。
お風呂にお水を持って入り、こまめに飲むのもおすすめです。

 
 

半身浴の効果を高めるために

マッサージをして体を刺激

リンパを刺激すると、身体の中にある毒素や老廃物が排出されやすくなります。リンパは血管と同じように全身を巡っているのですが、鼠蹊部と言われる足の付け根、膝の裏、脇、耳の下というふうに刺激しやすい部分があります。
そういった部分を親指で優しく押す、流すように擦るというふうにマッサージするとさらに流れがよくなります。

ストレッチをしても良い

入浴中には血圧が上がっているため、激しい動作は禁物ですが、足を伸ばしたり前屈をしてみたりというストレッチ程度であれば、汗をかく効果がさらに高まります。
手足の冷えを改善するためにも、手先や足先を意識して動かしてみるのもおすすめです。

入浴剤で効果をアップ

香りが良い入浴剤、発泡効果つきで見た目にも楽しい入浴剤など多くのものが発売されていますので、好きなものを選んで半身浴に使うのも良いでしょう。疲労回復やリフレッシュ効果が得られるため、長時間お風呂に入るのも楽しくなるはずです。
わざわざ入浴剤を買わなくても、日本酒を適量お湯に入れても半身浴の効果は高まります。日本酒には身体の内側から温める効果がありますし、お湯に対して使用する量は少量ですので匂いも気になりません。

 
 

注意すること

食事後すぐには半身浴をしない

食事をしてから30分から1時間程度は、食べたものを消化するために血液が胃をはじめとする内臓に集中しているため、その間に半身浴を行うと消化不良を起こしてしまう危険性があります。具体的には、立ちくらみや、湯あたり、のぼせ、というふうに症状が出ます。
そういったことを防ぐためにも、食事の後にしばらく時間を置いてから半身浴に取り掛かりましょう。

運動後の半身浴はNG

運動の後に汗を流したいし、ついでに半身浴をしよう。と思われるかもしれませんが、これは止めてください。
運動の後は、筋肉の組織が損傷して炎症している状態となっています。それを鎮静化させるためには、身体を温めるのではなく冷やさなければなりません。そのため、運動の後はシャワー程度にしておき、半身浴は運動後1時間以上経ってから行うようにしてください。

血圧のギャップに注意

入浴前には血圧が上がり、湯船に入ると血圧は下がります。この差が大きくなることで脳へ運ばれるはずの血液が運ばれなくなってしまい、意識を失う危険性があります。入浴中の失神は高齢者に注意を払うように言われていますが、健康な若年層にも起こる可能性はあります。
血圧のギャップが大きくなりすぎないように指先を冷やすようにすると、その心配もなくなります。

乾燥肌の人は短時間で終わらせる

乾燥肌の人が長い時間湯船に浸かっていると、肌のセラミドが溶けだしてしまって乾燥がひどくなる可能性があります。乾燥肌であることを自覚されている場合には、半身浴にかける時間は少し短めの15分ほどにしてください。

 
 

まとめ

半身浴は直接ダイエットになるのではなく、痩せやすい体になるための方法だと言えます。
ダイエットをしながら半身浴をすることで、さらに効果が体感できるかもしれませんので、今日の夜からでも半身浴を初めてみてはいかがでしょうか。
1日の疲れを癒すためにも、ゆっくりお風呂に浸かってみるのも良いですよ。

 
 

-ダイエットの豆知識
-, , , , ,

Copyright© ダイエット 痩せる スタイルアップ に関する口コミ情報 , 2017 All Rights Reserved.