ダイエット 痩せる 方法 口コミ RAD

女性のためのダイエット 痩せる スタイルアップ に関する口コミ情報

乳酸菌を摂取してダイエットの効率アップができる?意外な効果の理由!

投稿日:

乳酸菌 ダイエット 効果

乳酸菌ダイエット

乳酸菌は、腸内に生息する善玉菌の数を増やすために有効なものです。
実は、乳酸菌は健康維持やダイエットのために重要な働きをするものとしても知られていますので、現在ダイエット中という方や、これからダイエットに取り組もうと考えておられる方にはぜひ摂取することをおすすめします。

しかし、どうして乳酸菌がダイエットに効果的なのか知らないと、摂取しようという気持ちは高まりませんよね。
ここでは、乳酸菌がなぜダイエットの効果を高めてくれるのか、どの乳酸菌を摂取するのが良いのかということについて解説します。

 
 

まずは乳酸菌について知ろう!

乳酸菌が果たす役割とは?

乳酸菌は配合されている食品も多く、その名前を耳にする機会も多い馴染み深い菌だと言えるのではないでしょうか。
その働きは、乳酸を生みだすことと、代謝を促進することです。
「乳酸菌=便秘の人向け」と思われるかもしれませんが、乳酸菌を摂取することで便通を改善することはもちろん、免疫力を高める、腸内環境を良くする、という役割も担っています。

また、乳酸菌とは腸内で働く善玉菌とイコールの存在です。
腸の中には、善玉菌と悪玉菌が生息しており、互いに数を優位にしようとして戦っています。
悪玉菌はストレスや偏った食生活が原因で数を増やしやすいという特徴があり、それによって腸の働きが悪くなって便秘や、免疫力の低下、肌トラブルが起こりやすくなります。

腸の働きが悪くなると、老廃物が溜まりやすくなって太りやすくなると言われていますので、ダイエットを成功させるためにも腸の状態を良くしておくことが大切です。

 

腸と菌の複雑な関係

腸の中には、健康維持のために働く善玉菌と、さまざまなトラブルの原因になる悪玉菌、そして強い方に味方をする日和見菌という3つの菌があります。
日和見菌が常に善玉菌の味方をしてくれれば困ることもないのですが、悪玉菌の数が多い状態だと日和見菌は悪玉菌を増やすために働いてしまいます。

腸内の菌のベストバランスは、「善玉菌が2割、悪玉菌が1割、残りの7割が日和見菌だそうです。
善玉菌の割合が少ないのが意外かもしれませんが、善玉菌が多ければあとは日和見菌によってサポートされることから、この割合でも十分なのです。

 

ダイエットに効果的な乳酸菌の種類は?

ビフィズス菌

私たちの体にもともとある善玉菌が、ビフィズス菌です。
食べたものからビタミンBなどを吸収するように促す働きや、有害物質を排出するように働きかけるといった役割を果しています。

ガセリ菌SP株

胃で消化されず、生きた状態で腸に届くことが可能な菌です。
小腸では食べ物の吸収をサポートするほか、内臓脂肪を減らす力を持っているとも言われています。
内臓脂肪の減少効果は実験でも実証されていますので、内臓脂肪による肥満に悩む中高年の男性にもおすすめの乳酸菌です。

ヤクルト菌

乳酸菌飲料として馴染み深いヤクルトに含まれている乳酸菌で、乳酸菌シロタ株、という名前でも知られています。
腸内環境を整える力がありますので、便秘解消に効果的です。
さらには、発がん性物質の発生を抑える効果も得られると言われています。

ブルガリクス菌

古くからヨーグルトを作る際に使われてきた乳酸菌で、腸をきれいにする効果に優れています。

ここで紹介した乳酸菌以外にも、乳酸菌にはたくさんの種類があります。
求める効果に応じてくれる乳酸菌を見付け、その乳酸菌が配合されているものを選ぶようにしましょう。

 

食事で摂取できる乳酸菌

乳酸菌は、発酵食品からも摂取できます。
ヨーグルトが苦手、という方は、ふだんの食事に発酵食品を取り入れて乳酸菌を摂取するのもおすすめです。

乳酸菌を含む食品

ヨーグルトも発酵食品ですが、その他には、キムチ、味噌、納豆、醤油が発酵食品として知られています。
また、発酵食品ではありませんが、豆類にも乳酸菌が含まれているので、なるべく食べるようにしてください。

 
 

乳酸菌を摂取してダイエットの効率アップができるのはなぜ?

便秘を解消して、腸内環境を改善させる

ダイエットがなかなかうまくいかない、という方の中には、便秘に悩まれている方もおられると思います。
まず乳酸菌を摂取して腸内の善玉菌を増やし、便秘を解消することで腸内環境が整えられ、食べ物の消化や老廃物の排出がスムーズに行われるようになります。
溜まっていた老廃物が排出され、毒素が抜けていくことで痩せやすい状態になることができます。

 

自律神経を安定させて健康な体に

「腸は第2の脳」だという言葉を聞いたことがありませんか?
実は、腸の働きがよくなることで自律神経を安定させることができるのです。

自律神経とは、私たちが生きていくうえで必要な生命活動に対して命令を出すものとして知られており、これが乱れることで疲れが抜けにくくなったり、肩こりがひどくなったり、耳鳴りやめまいが起こったりといった不調の原因になります。
しかし、自律神経が安定していればこのような状態を改善することができますし、血行促進や、老廃物の排出がきちんと行われるようになるので、むくみ、便秘の予防や改善も可能になります。

 

代謝をアップさせる

ダイエットのために大切な代謝。
代謝が良い状態であれば、食べ物を素早く消化できるようになるうえ、残さず消化することができます。
さらに、体の中から老廃物や不要なものを排出する動きも高まるため、効率的に体重を減らすことができます。

 
 

乳酸菌のダイエット効果を高める方法

乳酸菌を摂取するのは夕食の後

空腹の状態で乳酸菌を摂取すると、胃酸によって消化される可能性がありますので、食後に摂取するのがおすすめです。
さらに、夜10時から深夜2時までの間は胃腸の動きが活発になる時間帯ですので、夕食後に乳酸菌を摂取し、腸内に乳酸菌が存在している状態を作っておくと乳酸菌の効果が高まることが期待できます。

 

ダイエットのために糖分が多いものは避ける

「プレーンヨーグルトは食べにくい」と思われる方も多いと思いますが、甘さがしっかり付いているヨーグルトの糖分量には気を付けましょう。
ダイエットのためには当分は控えめにしておきたいものですので、カロリーオフのものを選ぶようにしましょう。

 

乳酸菌、食物繊維、オリゴ糖の組み合わせがおすすめ

乳酸菌は、食物繊維とオリゴ糖を餌にして活性化します。
乳酸菌の力を高めたいのであれば、このふたつを食事に取り入れるようにしてください。

また、乳酸菌は生きた状態で腸まで届けられるものを選ぶと、美容効果が得られやすくなります。

 

運動する

ダイエットのために大切なことと言えば運動です。
運動をすると脂肪燃焼につながる以外にも、動くことで内臓を刺激して動きを活発にさせ、消化活動を促進できます。

また、インナーマッスルという大きな筋肉を鍛えることで、腸が動きやすい状態を作ることが可能です。
「運動は苦手」と避けたりせず、階段を使った移動や散歩程度でも良いので行うようにしましょう。

 
 

乳酸菌を摂取して、体の中から美しくなろう

腸内の善玉菌と悪玉菌の数によって痩せにくい状態だったのかも、と思うと乳酸菌を摂取しようという気持ちも高まりますね。
乳酸菌を取り入れるうえで覚えておきたいのは、乳酸菌は1日しか腸内に存在しないという点です。
そのため、毎日乳酸菌を何らかの形で摂取することが効果を得るためには必要になります。

乳酸菌の配合量や種類を確かめながら、毎日食べていけるようなものを見付けてください。
継続すれば、腸内環境が整って体がスッキリし、美しい体を手に入れられるはずですよ。

 
 

関連記事:大正 善玉 乳酸菌 青汁

 
 

-ダイエットの豆知識
-,

Copyright© ダイエット 痩せる 方法 口コミ RAD , 2018 All Rights Reserved.