ダイエット 痩せる 方法 口コミ

女性のためのダイエット 痩せる スタイルアップ に関する口コミ情報

中性脂肪が高くなる8つの原因

更新日:

中性脂肪値を高める原因は
主にこちらの8つと言われています。

1.食生活
2.アルコールの飲みすぎ
3.運動不足
4.ストレス
5.加齢
6.遺伝
7.病気
8.薬

家ごはん

 
 

1.食生活

ご飯をいつもお替りする。
油物に目がない。
間食が多い。
甘いものが大好き。など、
食べ過ぎや偏った食生活が
中性脂肪値を上げる一番の原因です。

ご飯やパン、麺類(うどん、パスタ)などの
主食は炭水化物のかたまり。
炭水化物は糖質から中性脂肪へと変化します。
カロリーの高い食事も
運動や体の代謝では消費しきれず
脂肪となって蓄積されます。

意外に見落としがちなのが
健康のためにと思って食べている
フルーツです。
果物は糖質が多いので
注意が必要です。

 
 

2.アルコールの飲みすぎ

仕事が終わって飲むビールは最高。
毎晩疲れて帰ってきたら晩酌でほっと一息。
でも、お酒の飲み過ぎは
中性脂肪が増える原因となります。
アルコールには中性脂肪の合成を助け
中性脂肪の分解を妨げる働きがあります。

お酒の付き合いの多い方
週に3日以上お酒を飲むという方は要注意。
肝臓に中性脂肪が溜まると脂肪肝になり
肝機能の低下を招きます。

さらにお酒を飲むとついつい
食べ過ぎてしまいます。
おつまみの食べ過ぎにもご注意を。

 
 

3.運動不足

中性脂肪は体を動かす大事なエネルギー源です。
ところが栄養豊富な現代の食生活では
エネルギー供給が過剰になっています。
体の代謝や運動によって消費されない中性脂肪は
脂肪となって体内に蓄積されてしまいます。
脂肪が内臓に溜まると内臓脂肪型肥満になり
生活習慣病の原因となります。

ただでさえ供給過剰なエネルギーが
運動不足による需要減でさらに
供給過剰に拍車をかけます。
健康のために普段の生活になるべく
運動を取り入れる工夫が必要です。

 
 

4.ストレス

ストレスは交感神経を刺激し
血糖値を上昇させる2つのホルモン
コルチゾールとカテコールアミン
を分泌します。
血糖値が高いと中性脂肪が
合成されやすくなります。

またストレスは中性脂肪値を高める
原因1と2の食べ過ぎ飲み過ぎ
につながります。

ストレスは万病のもととも言われます。
なるべくストレスをためない生活を
送れるように心がけましょう。

 
 

5.加齢

歳をとるごとにエネルギーを消費する
体の代謝(基礎代謝)がにぶくなり
運動量も減ることから中性脂肪値が
高くなる傾向は避けられません。

女性の場合は、更年期になると
女性ホルモン(エストロゲン)の分泌が
急激に減るため中性脂肪値を高めます。

更年期のイライラも
暴飲暴食につながります。

 
 

6.遺伝

遺伝が原因で中性脂肪値が高くなる
人もいます。
家族に脳梗塞や心筋梗塞にかかった人がいたら
注意してみてください。
運動もして規則正しい生活を送っている人でも
油断は禁物です。

 
 

7.病気

糖尿病

血糖値が上がりインスリンの機能が低下すると
中性脂肪の合成が活発になります。

腎臓病

慢性腎不全になると
中性脂肪を分解する酵素の働きが悪くなり
中性脂肪値を高めます。

肝臓病

肝臓病になると黄疸が出て
脂質の代謝が悪くなってしまい
中性脂肪の値を押し上げます。

甲状腺機能低下症

中高年の女性に多く
甲状腺ホルモンの分泌が妨げられて
だるさやむくみを引き起こし
体重の増加とともに中性脂肪値を
引き上げます。

クッシング症候群

まだ原因がはっきりしない病気で
副腎皮質からコルチゾールが
過剰に分泌されます。
血糖値が上がり
中性脂肪が増加します。

過食症

カロリー摂取の過剰となり
中性脂肪の増加を招きます。

 
 

8.薬

経口避妊薬(ピル)

避妊のためだけでなく
子宮内膜症の治療などに使われる薬で、
2つの女性ホルモン
エストロゲンとプロゲステロンを補います。

エストロゲンの自然分泌量が減り
中性脂肪が増大します。

向精神薬

クロルプロマイジンやイミプラミンは
うつ病や不眠治療で使われる薬です。
脂質の代謝を抑えてしまい
中性脂肪値が上がります。

ステロイドホルモン

膠原病やアレルギーの治療に使われ
長期で服用すると中性脂肪値が高まります。

サイアザイド系利尿薬

血圧を下げる薬で腎臓病や高血圧の
治療に使われます。
長期で服用すると中性脂肪値が高まります。

βブロッカー

循環器系の病気(心臓病など)の
治療に使われます。
長期で服用すると中性脂肪値が高まります。

 
 

中性脂肪をコントロールできるように 家ごはんに変えました

私と主人は食べることが大好きです。
食の好みが似ていることは、
家族になるのにとても重要なこと
だと思いますが、私たちの悩みは
共通して太りやすいこと。
とくに主人は子供のころからの持病で
中性脂肪が高くなりがちなので、
気をつけなければいけませんでした。
共働きなので外食をよくしていたのですが、
どうしてもヘルシーとはほどとおい生活に。
そして年のせいかなんとなく
脂っこい食事がしんどくなってきたのを機に、
家で食事をするため
思い切って生活を変えました。

家でご飯を作るようになって
一番変わったのは、
野菜の量が増えたことです。
外食でも意識して食べていたつもりですが、
ラーメンやうどんといった簡単な食事では
ほとんど野菜を食べない日もザラでした。
家のごはんでは
お肉の横にちょっと野菜を足す、
味噌汁を野菜多めにする
といった調整がききます。
これによって、
野菜でおなかを膨らませることが
できるようになりました。

また、肉を選べるのも
家ご飯の良いところです。
同じ牛でも脂身の少ないところを買う、
鶏はササミにするという日々の選択で、
毎日の摂取量を減らせます。
魚が良いのは分かっていますが、
毎日魚料理というのは
なかなか大変なのが悩みです。
簡単に魚中心の生活にできれば
一番嬉しいですが・・・

主人は大好きなビールを減らし、
ヘルシアなど買うようになりました。
油の種類なども
自分でコントロールできるのは、
家ごはんの良いところです。

もともと揚げ物などは多くないほうですが、
ある程度のカロリーや脂は仕方ないかな
と思っています。
やはり食事をすることが好きなので、
完全中性脂肪完全カットして
おいしものを諦めるほどの決意は
まだ持てません^^;
おいしくてかつ健康的なものを研究して、
家での食事を充実させたいです。

食事制限ができないのであれば、
サプリに頼るというのも手だと思います。
でも、種類が多すぎて選べず、
なかなかサプリを飲むきっかけが
つかめなかったのですが、
最近「シボガード」という
中性脂肪ケアできるサプリメントを
見つけました。
シボガードは
「ターミナリアベリリカ由来ポリフェノール」
という成分が食後の中性脂肪の上昇を
ケアする効果があるとわかったみたいで、
実験でも証明されたようです。
「シボガード」はただのサプリメントではなく
機能性表示食品。
サプリメントよりも効果が期待できるので
「シボガード」を飲んでみることにしました。
できれば栄養は食事でとり、
ダイエットは運動でなんとかしたいですが、
年々難しさを実感しています。
サプリに頼るのは最終手段だと思うのですが、
夫婦でちょっとまずいかも…と感じているので
サプリの中でも効果がありそうな
機能性表示食品の「シボガード」を
飲むことにしました。
サプリだけに頼らず普段から
中性脂肪が増えない生活はしたいので、
食事のケアとシボガードと軽い運動で
おいしいものを食べながらも
中性脂肪をケアしていきたいです。。

 

食後の中性脂肪を抑えるサプリを利用するといいですよ

 
 

-ダイエットの豆知識
-, , ,

Copyright© ダイエット 痩せる 方法 口コミ , 2018 All Rights Reserved.