ダイエットの豆知識

正しい断食で、もうリバウンドしない。ダイエット成功の秘訣。

投稿日:

もうリバウンドを繰り返さない。正しい断食(ファスティング)でダイエットを成功させよう!
ダイエット方法には様々な種類があります。痩せたいと思って何らかの方法でダイエットを試みたことがある人も多いのではないでしょうか。そんな中でも最近注目されているダイエット方法があります。それがプチ断食という方法です。1~3日ほど断食をして体重を減らすというものなのですが、一見簡単そうに思えますよね。
しかし断食ダイエットには注意すべき点がいくつかあります。断食で食事を断つことになるので一時的に摂取カロリーを大幅カットすることができ、効果が出るのも他のダイエットと比べて早いです。なので早めに体重の減量をさせたい方にはオススメできるダイエット方法ですが、減量に成功したからと言ってすぐに元の食生活に戻すとリバウンドをしてしまい、体重がもとに戻ってしまったり、もしくは以前よりも多くなってしまうことも。すぐに効果を得られた分その後すぐに体重が戻りやすいのが断食ダイエットの一番の注意点です。
このようなことを起こさないためにも、断食ダイエットの正しい方法について知ることやどのような変化のあらわれかたをするのかをしっかり理解することが大切になるのです。
今回はそういった注意点を含め、断食ダイエットについて紹介したいと思います。

リバウンドしない断食ダイエット

 
 

なぜ断食はリバウンドしてしまうの?

断食でリバウンドを起こしやすいのはなぜかと言うと、体が「飢餓状態」になってしまうからです。飢餓状態とは戦争中の状況のときによく聞く言葉ですが、体の栄養不足に陥っている時に体がカロリーを逃がさないようにため込もうとする状態のことです。
なので飢餓状態で食事などをしてカロリーを摂取すると、いつも以上に体がカロリーを吸収しやすいのです。それによって太りやすい体質になってしまいます。
長い期間をかけて少しずつ体重を落としていく、というダイエット方法とは違い、断食ダイエットは短い期間でグッと体重を落とすことになるのでリバウンドが起こる確率が高くなります。しかし正しく食事をコントロールすることで、飢餓状態のリバウンドを回避することができます。ただむやみに食事を断つのではなく、正しい方法を知ったうえで断食ダイエットでの効果を実感できるのです。

 
 

断食の正しい方法

ではどのような方法で断食をすればいいのでしょうか。しっかりと確認していきましょう。
決して自分の方法は正しいと思いこまずに、正しい方法を確認してから断食ダイエットを行うようにしてください。食事を削るだけなので簡単だと思われがちですが、間違ったやり方で断食を行っても逆効果になったり、健康被害が出てしまうこともあるので注意してください。努力を無駄にしないためにもリバウンドだけはしっかりと避けましょう!

断食の手順

断食の手順として、1日目から食事を抜けばいい!と思っている人も多いかと思いますがそれは大きな間違いです。断食にはしっかりとした手順があり、始める前の準備期間、終わった時の復食期間の食生活がとても重要になります。その期間をどう過ごすかによりリバウンドするかしないかに違いが出てきます。準備期間と復食期間にどのようなことに気を付ければいいのかを説明していきたいと思います。

準備期間のポイント

断食を始める前に、自分の体に予告として少しずつ食生活を変えていきましょう。
だいたい通常の食事に比べて7割ほどの量に減らすように心がけましょう。
この時期の食事としてオススメしたいのは、大豆食品、豆類、海藻類、キノコ類、芋類などです。納豆や豆腐などの大豆たんぱくはカロリーも低く栄養価も高いです。豆類としてはピーナッツやアーモンド、海藻類はひじきやわかめなどが摂取しやすいです。他にもトマトやピーマンなどの緑黄色野菜や、鮭やアジなども積極的にとるようにしましょう。和食だとそういう食材を含めた献立を立てやすいので和食がオススメです。
からあげやとんかつなどの揚げ物や、肉類、スイーツやパンなどは比較的避けるようにしましょう。コーヒーなどのカフェインが含まれたものや、アルコールやタバコも準備期間には避けた方がいいでしょう。
オススメした食材を中心にしたメニューを準備期に食べることで「好転反応」を抑えることができます。好転反応とは、断食中に頭痛やめまい、眠気などに襲われる症状で、体が体外に毒素を出そうとすることで起こります。これらの症状はストレスの原因や健康にも良くない影響が出てしまうので、準備期間の食生活をしっかりと考えて、断食期に備えるようにしましょう。
どれくらいの準備期間を作ればいいのかは、断食と同じ日数の準備期間を設ければ大丈夫です。断食の日数に対して準備期間が少ないと、好転反応を起こしやすくなって断食に集中しずらくなってしまいます。

断食期間のポイント

食事を断つのが断食ですが水分は取るようにしましょう。普段水分をあまりとらない人でも断食中は意識的にとるようにしましょう。酵素ドリンクなどを使うのもオススメです。
断食中はできるだけ家でゆっくり過ごすようにして、運動などはしないようにしましょう。運動をするとカロリーが消費されお腹が空くので、食事を我慢するのが辛くなってしまいます。テレビを見たり読書をしたりして、リラックスして過ごすようにしましょう。
食べ物を食べない断食中ですから便秘になるのでは?と心配する人もいると思います。しかし断食中は体が消化するものがないのでその分排泄に集中できる期間でもあります。それにより便通が良くなり、腸内をきれいな状態にすることができるのです。
しかし空腹を感じて眠れなくなったりストレスを感じてしまう人も中にはいます。我慢できるほどであればなんとか我慢してほしいですが、どうしても我慢できない場合ははちみつをなめてみたり、香りの強い紅茶を飲んでみたりして気持ちを落ち着かせてみてください。自分を甘やかすのも良くないですが、我慢のしすぎも良くないです。

復食期間のポイント

準備期間もとても重要な時期ですが、それ以上に気を付けてほしいのが復食期間です。
断食中は食べたいものを我慢することになるので、断食が終わると解放された気分になり頑張った自分へのご褒美でつい好きなものを食べてしまいそうになります。
復食期間にオススメなものは重湯などの胃に負担が少ないものです。断食中は食事を全くとらないので、胃の中は空になった状態です。そこでいきなり味の濃い食べ物やがっつりしたものを食べてしまうと、胃への負担も大きいですし、一気に吸収してしまいます。最初は重湯で慣れさせて、少しずつおかゆやスープなどのメニューに替えていきます。最初のうちは消化しやすい食材を選ぶようにして、徐々に通常の食事メニューに戻していくことが重要になります。
復食期間も断食と同じ日数設けるようにしましょう。
このようにこの3つの期間の食生活でカロリーコントロールをしっかりすることで、復食期間が終わった後も同じ体重をキープし続けることができるようになります。
なので断食ダイエットはしっかりと計画を立ててする必要があるのです。

 
 

これでリバウンドの心配なし!

リバウンドのリスクが大きい断食ダイエットですが、正しいやり方さえ理解していれば大きな効果を得ることができるダイエット方法でもあります。
何も知らないまま断食期間の内容だけを行ってしまうことがないように、今回の説明を参考に、ぜひ断食ダイエットに挑戦してみてください!正しい方法を守ればリバウンドを心配する必要もありません。
忍耐力と努力が必要な断食ダイエットではありますが、その分成功した時の嬉しさも大きいですよ。

 
 

-ダイエットの豆知識
-, , , , ,

Copyright© ダイエット 痩せる スタイルアップ に関する口コミ情報 , 2017 All Rights Reserved.