ダイエット 痩せる スタイルアップ に関する口コミ情報

女性のためのダイエット 痩せる スタイルアップ に関する口コミ情報

体験談・口コミ

メタルマッスルHMB 口コミ タニタのカロリズム でダイエット

投稿日:

ダイエットを決意した女性

幼いころから痩せていたことはなかった

20代後半、女性。
幼いころから痩せていたことはなかったのではないかと思います。
一家がとりあえず食べさせる、子供の頃は多少太っていた方が成長するという考えで、食べろ食べろと与えられる日々。
食事を作ってくれる親に申し訳ないと思い、残すことができず、残された誰かの食事があったらそれも食べる。
今思えばかなり無理して食べていたと思います。

年と共に増えてきた体重

それでも小学生の頃はバスケットボールを習っていたので標準を少し上回るくらいでした。
中学生になり運動部でしたが小学生の頃よりも運動量は減り、食べる量は変わらずの生活。
高校生になり文化部に入り運動量はさらに減り、食べる量は変わらず...

社会人になったころには生活も不規則、ストレスなども重なりどんどん太っていきました。

そして言われた、父親からの極めつけの一言。
「少し痩せたら?」

 

 

何か口さびしくつまみたくなる

数年後、実家を離れ兄弟で暮らすようになり、自然と食事の量が制限されるように。
特に何かに気を使ったわけではありませんでしたが、気付くと1年で10キロほど痩せていました。

その後は何をしてもあまり変わらずその時の体重をキープしていましたが、それでも肥満であるということに変わりはありませんでした。
今まで無理して食べてきた弊害なのか、お腹がいっぱいでも食べたくなる、何か口さびしくつまみたくなるが今でも抜けず本当に苦労しています。

 

 

ダイエットを決意

今、とある地で接客のバイトをしているのですが、この土地が人の出入りが激しく、海が魅力の町とあって観光シーズンともなれば、働く人、観光に来る人ともに痩せていて、キレイで、輝いている女性ばかり。
そんな人たちに見慣れた、目の肥えた男性から「もう少し痩せてたらよかったのにな」「痩せようと思わないの?」そんな言葉をかけられる機会が増え、とても苦しくなりました。
「好きで太っているんじゃない」と。

そこで、ダイエットを決意。
とりあえず、標準体型まではあと10キロといったところ。

測定と「先フル」「朝一水フル」

まず、朝一で体組成計に乗り、体重、体脂肪率、BMIを測定するクセをつけました。

次にインターネットの口コミで知った「先フル」「朝一水フル」
これは「食事の前、できれば15分前にフルーツを食す」「朝起きたら水分補給もかねて水分の多いフルーツを食す」というもの。
今までは朝食は抜かしてしまうことも多かったのですが、まず、フルーツを食べるという習慣ができました。

何かを食べるときは先にフルーツを食べる、のおかげでその後の食事量が減少したようにも思います。
口さびしくなったときも簡単につまめるフルーツを常備したことにより今までお菓子などを食べていた罪悪感からも逃れることができています。

海水浴と軽い筋トレ

運動も海があるということを活かし、できる限り海水浴で体を動かし気付いた時には軽い筋トレ。
これを活かすためにART OF LIFEのMETAL MUSCLE HMB(メタルマッスルHMB)。
これはまだ効果はわかりませんが、基礎代謝をあげるべく筋肉が少しでも多くつけばいいなと期待しています。

カロリズムでカロリーの計算

接客で多少動き回ることと立ち仕事であることなどからどれくらいカロリーを消費されているか、計算することができるというタニタのカロリズム Ladyを導入。
1日の歩数と消費カロリー、摂取カロリーの目安や生理管理機能でダイエットに適してる時期なのかどうかを判断してくれます。

これらを導入してまだ2週間ですが、すでに3キロほどの成果が出ています。
この調子で健康的に体重を落とし、「痩せた」と言われるように、海に行っても恥ずかしくない体型になれる様に努力していきます。

 

 

 

 

 

-体験談・口コミ
-, ,

Copyright© ダイエット 痩せる スタイルアップ に関する口コミ情報 , 2017 All Rights Reserved.