ダイエット 痩せる 方法 口コミ RAD

女性のためのダイエット 痩せる スタイルアップ に関する口コミ情報

ファスティングの正しい方法を勉強しよう!ファスティングで得られる美容効果は絶大?

投稿日:

ファスティングの正しい方法

ファスティングの正しい方法

美容情報にアンテナを張っている方の中では有名な、ファスティング。

「断食ダイエット」と呼ばれることもありますが、実際の意味では断食とは異なります。
ファスティングをする際には必要最低限の栄養素を補給することが大切なポイントになっています。

ファスティングを行うと、体の中をクレンジングすることができる、とも言われており、高いデトックス効果を得ることができます。
しかし、ファスティングを成功させるためには正しい段階を踏んで行う必要があります。

ファスティングの意味、正しい方法を紹介しますのでファスティングに興味がある方は要チェックです!

 
 

ファスティングとは?

断食とは異なるもの

食事を控える必要があるファスティングは断食とよく似ているようにも思えます。
しかし、一切食事をしない断食とは違い、栄養成分だけを摂取して美容と健康に対する効果をもたらす、という特徴があります。

 

ファスティングを行う上で大切な段階

ファスティングは3つの段階を踏んで行っていきます。

準備期

まず初めに取り組むのが、ファスティングを行うための「準備期」です。
いきなりファスティングを行うと体に大きな負荷をかけることになりますので、準備期を経て体を慣らしていく必要があります。

準備期として設定する日数は、ファスティング期間の倍必要になると言われています。
3日間ファスティングに取り組みたい場合は、1週間かけて準備期を過ごすことになります。

ファスティング期

そして、次にファスティング期に入ります。
この期間は食事を一切とらず、飲料のみで過ごします。
ファスティング期に入った直後はひどい空腹状態になることもありますが、慣れると空腹状態が気にならなくなると言われています。

回復期

最後に行うのが、回復期です。
復食期とも呼ばれています。
ファスティングを終えたからといって気を抜かず、しっかりと回復期を過ごすことが、ファスティング成功の鍵を握っていることを忘れないでください。

 

ファスティングの効果は?

ファスティングは固形物を食べないようにして、酵素と水分で栄養素を補給することで胃腸を休めて、体の中の老廃物や毒素を排出するというデトックス効果を持っており、それによるダイエット効果も得られます。

さらに、体の中が一度リセットされたような状態となるので、溜まっていた疲れが抜けたり、肌トラブルの改善が期待できたりと、かなり多くのメリットが得られます。
また、ファスティング中のデトックス効果で、便秘が解消されて腸内環境が整うという効果もあるようです。

しかし、時間が経てば、体内の環境はまた元に戻っていきます。
ファスティングは定期的に行うのが良いでしょう。

 
 

正しいファスティングのやり方

準備期

準備期は、少しずつ食事を減らしていく期間です。
さきほども説明したように、ファスティング期の倍の日数をかけることがポイントです。
体を慣らしていくためにも、この期間の過ごし方は大切です。
気を付けておきたいのは、以下のことです。

・内臓に負担をかけないような食べ物を食べる
・肉、牛乳は摂取しない
・お酒や、カフェインを含む飲料は飲まない
・白米ではなく、麦や雑穀を食べる
・添加物を使ったものは極力食べない

ちなみに、内臓に負担をかけない食べ物とは、「まごわやさしい」と表されるものです。

「ま」は、豆類。
「ご」は、ごまを含む、アーモンド、くるみ、ナッツ類。
「わ」は、わかめなどの海藻類。
「や」は、野菜や果物。
「さ」は、魚類。
「し」は、しいたけを含むキノコ類。
「い」は、イモ。

これらの食材を中心にしたメニューは、胃腸に負担をかけず健康にも良いものになります。

 

ファスティング期

ファスティング期に入ると、準備期に食べていたものすら口にすることは止めてください。
はじめは空腹感が強く、集中力の低下やストレスに感じることもあると思いますので、ファスティング期はお休みの日に設けるようにしましょう。
ファスティング期中に気を付けることもあります。

・食事は全て酵素ドリンクにする(市販と手作り、好きな方を選ぶ)
・水分補給をしっかり行う

お腹がすいた、と思ったら酵素ドリンクか水を使って、その都度気持ちを紛らわせてください。
とくに、ファスティングを行うと、水分はいつもより吸収されにくくなると言われていますので、水を多めに飲むように心がけましょう。

空腹感を紛らわせるためにおすすめなのが、読書や映画といった趣味の世界に没頭することです。
ストレッチやヨガを行って軽く運動するのも効果的です。

しかし、無理をし過ぎて、体調を崩してしまっては、元も子もありません。
無理をせず、限界だと思ったら一度ファスティングを中断する、という選択肢も頭の中に入れておきましょう。

 

回復期(復食期)

ここでの過ごし方が、ファスティング成功の可否を握っています。
回復期にかける日数は、ファスティング期と同じです。
3日間にわたってファスティングに挑戦した後は、3日間の回復期を設ける必要があります。

・回復期の初日は、重湯や白湯といった液体から始める
・少しずつ固形物を増やしていく
・食べるのは、準備期に食べたような胃腸に負担をかけないもの

「ファスティングが終わった!」と思って普通の食事を食べてしまうと、胃や腸に負担をかけることになり、ダイエットの効果が失われてしまいます。
グッと堪えて、重湯(お粥のかなり薄い状態のもの)を食べることから始めてください。
重湯の他には、ゆるめのお粥、具なし味噌汁が良いでしょう。

そして、お粥、柔らかく煮込んだ野菜を入れた味噌汁など、少しずつ固形のものを増やしていきます。
回復期の最終日に玄米などを加えて、翌日以降は通常の食事へと戻します。

 
 

ファスティングの良いところ、大変なところ

ファスティングのここが良い!

・短期間で健康的に痩せられる
・老廃物や毒素、脂肪が効果的に排出できる
・便秘状態が一度リセットできる
・美肌効果もあり

 

ファスティングのここが大変!

・準備期、ファスティング期、回復期を経るために、終わるまでに時間が必要になる
・普段の生活で食事を減らしていくのが難しいこともある
・ファスティングをすると空腹が辛い
・酵素ドリンクを選ぶのが手間に感じる人もいる
・ファスティング中に気持ちの悪さなどが起こることがある

 

ファスティングを行う際にはいろいろな注意が必要

ファスティングで得られる効果だけを見ていると、かなり魅力的に感じてしまいます。
しかし、毎日忙しい方がファスティングを行う際には、いろいろな手間があるため、実際に挑戦するのは少し難しいと言えるかもしれません。

また、ファスティングは体調に影響を与える可能性も高いので、病気から快復した直後や、生理期間中に行うのは控えましょう。
 
 

ファスティングをするなら、まずは1日から

今までにいろんなダイエットに挑戦してきたけれど、どれも続かなかった、という方にもファスティングの効果は得られるはずです。
いきなり数日間にわたるファスティングを行うのは少しハードルが高いことですので、まずはファスティング期を1日に設定して行ってみましょう。

たとえ1日だけのファスティングだと言っても、準備期と回復期はしっかりと過ごすようにしてくださいね!

 
 

-ダイエットの豆知識
-, ,

Copyright© ダイエット 痩せる 方法 口コミ RAD , 2018 All Rights Reserved.