ダイエット 痩せる スタイルアップ に関する口コミ情報

女性のためのダイエット 痩せる スタイルアップ に関する口コミ情報

ダイエットを成功させるために覚えておきたいこと

投稿日:

今すぐ痩せたい人に!痩せるためのポイントとコツを説明します

ダイエットをしよう、と思うきっかけは可愛い服が似合うような体型になりたい、女友達と温泉に行ったときに体型を気にしたくない、彼のために綺麗になりたい、など人それぞれです。しかし、ダイエットをするからには失敗したくないし、リバウンドもしたくない、できれば短い期間でしっかり痩せたい、と思うのは誰でも同じではないでしょうか?
ここでは、ダイエットを成功させるために覚えておきたいことを紹介します。ぜひ覚えておいてくださいね。

 

ダイエット成功

 
 

日常生活に潜むダイエットの敵

食事に関する注意点は2つ!

・食事をとる時間が決まっておらず、日によって異なる
・夕食を食べる時間が夜遅くなってから
このふたつが、ダイエットの大きな敵となります。
「食事をとる時間が日によって違って何が悪いの?」と思われるかもしれませんが、人間の体内時計は決まった時間に食事を食べることで正常に機能します。これが狂うと、消化活動もスムーズに行われなくなる可能性があります。
また、夜遅い時間に食事を食べてすぐに寝るという生活を送っていると、きちんと消化できないカロリーが出てきます。そのカロリーがそのまま脂肪になってしまうと、肥満に繋がります。
夕食を食べる時間の目安は、朝食から数えて14時間以内がベストだと言われていますが、朝8時に朝食を食べたら、夜8時くらいまでには夕食を食べるようにしておくのが健康のためにはおすすめです。

栄養バランスももちろん大切

カロリーを摂取していても、栄養バランスがひどく偏っていると体は飢餓状態になってしまいます。ダイエット中にとくに気を付けたいのは、タンパク質不足です。タンパク質は筋肉や髪のもとになるものですので、不足するとすぐに健康面や美容面にその影響が出てきます。大豆製品、鶏肉といったタンパク質を豊富に持つ食材を覚えておくと良いでしょう。

睡眠不足も太る原因に

ダイエットに睡眠は関係なさそうに思えますが、実は睡眠不足になると食欲を増進させるホルモンが分泌されるようになります。さらに、睡眠不足になってストレスを感じると脂肪をためこみやすくする原因にもなります。日頃のストレスをひとつ減らすという意味でも、睡眠は大切です。
毎日忙しくても、6時間から7時間は睡眠時間を確保するようにしましょう。

 
 

ダイエットを効率的に行うために

ダイエットに取り組む期間を決めておく

ダイエットは、なんとなくダラダラと続けても効果は出にくいと言われています。そのため、ダイエットをすると決めたら「この日までに痩せるぞ」というふうに期間を区切っておくようにしましょう。
例えば、「2週間後までに5kg痩せる」と決めたときと、「3か月後までに5kg痩せる」と決めたときでは取り組むダイエットの内容にも違いが出ますよね。
ただし、ほんの数週間で数kg落とす、というダイエットはかなりきついものになりますので、健康のためを思うとあまり推奨できるものではありません。体重の5%を目標にしてダイエットを行うのが、健康面から見るとおすすめです。

短い期間で痩せるためには運動がベスト

上で説明したように「2週間で5kg痩せる!」と決めた場合には、食事制限よりも運動の方が効果的です。それも、全身を使って行う運動が良いでしょう。
おすすめなのは、水泳やランニングです。プールは水の抵抗があることで負荷が大きくなり、ダイエットに効果的ですが、中には泳げないという方もおられるかもしれません。しかし、水中でしっかり腕を振るようにして歩くことでもハードなトレーニングに匹敵する運動になります。近くにプールがある方はぜひ挑戦してください。

ストレッチで血行を促進する

運動とストレッチを組み合わせると、血行が促進されて新陳代謝が向上します。これがダイエット効果につながることもありますし、お腹と足痩せもできるかもしれません。
ストレッチは筋肉をつけるためのものではありませんので、短期間で痩せる効果は得られませんが、ストレッチ以外の運動、食事制限といったダイエットの効果を高める効果があります。毎日欠かさずに行うのが大切です。
とくにインナーマッスルを使ったストレッチはダイエットに効果的です。

食生活の乱れを直す

「ダイエットをするから夕食は何も食べない!」というのは少々極端です。この方法では確かに体重を減らすことはできますが、健康面から見るとデメリットしかありません。ダイエットをしていても、食事はきちんと食べるようにしてください。
おすすめなのは、野菜類、果物、きのこ類、ヨーグルトといったものです。緑黄色野菜、旬のもの、発酵食品などを意識して食べましょう。また、食物繊維とタンパク質も体に必要不可欠なものですので、忘れないようにしてください。

 
 

ダイエットを続けるために

楽しく運動をするとダイエットが続けやすい

運動=辛い、きつい、面倒、というイメージが強い方もおられるのではないでしょうか。しかし、いくら運動が嫌いでも、ダイエットを成功させるためには運動は欠かせない要素です。しっかりと運動を行うために、自分が好きだと思う運動を見付けましょう。
本格的なものであればキックボクシングや格闘技もありますし、ダンスも全身を使うので痩せやすい状態を作れます。教室やサークルに通えば仲間ができて続けやすくなるかもしれませんね。

空腹を我慢しない

お腹が空くと集中力も低下しますので、我慢のしすぎは禁物です。
ダイエット中の空腹を解消するためにおすすめなのは、ガムです。ガムを噛んでいると、満腹中枢が刺激され、お腹が満たされたと感じるようになります。固めのガムをしっかり咀嚼していれば、自動的に顔の筋肉が使われて輪郭が引き締まることもあります。
もうひとつおすすめしたいのは、カフェラテです。無糖のものを選びましょう。
コーヒーにはカフェインとクロロゲン酸というものが含まれているのですが、このふたつはダイエット効果を持っています。無糖であれば砂糖も摂取しませんし、ミルクを使用しているので満腹感も得られるようになるため、カフェラテはダイエットの際に積極的に飲みたいアイテムです。
無糖のものが苦手でも、カロリーオフのものも発売されていますのでそちらを選んでも良いですよ。

 
 

ダイエットを成功させるために

カロリー計算をする

カロリーは、食品のパッケージを見ると記載されています。エネルギー、という言葉で示されているものもあります。この数値が大きければ大きいほど太りやすいと覚えておいてください。
また、人間には基礎代謝というものがあります。これは、生きていくために消費されるエネルギーの量のことなのですが、この基礎代謝よりも摂取するカロリーが多くなってしまうと太る原因になりますので注意しましょう。
余談ですが、1kg体重を落とそうとする際に必要な消費エネルギーは7,200kcalほどだと言われています。これはクロールで7時間泳がなければ消費できないほどの数値です。ダイエットが短期間では成功しない理由が少し分かりますね。

食事はきちんと食べる

食事の回数を減らす、栄養バランスを考えない食事制限をする、といったことを行うと
身体に必要なエネルギーが不足してしまいます。そうなると、体はエネルギーを消費しなくても活動していくために基礎代謝を低下させます。
基礎代謝が低下すると太りやすくなるというのは周知のとおりですので、ダイエットの間も食事が大切であるということが分かると思います。
食事回数は体内で分泌されるインスリンにも影響を与えます。食事回数が少なくなると、インスリンが増えてブドウ糖が増えやすくなります。これにより、脂肪が定着しやすい状態になりますので、食事回数を減らすのは止めておきましょう。

 
 

小さな心がけで消費カロリーは増やせる!

・背筋を伸ばし、正しい姿勢で過ごす
・寝起きに白湯を作って飲む
・きちんと眠る
・湯船につかって身体を温め、マッサージを行う
この4つを心掛けるだけでも、ダイエットのサポートになります。どれも簡単に行えることですので、今日からでも始めましょう!

まとめ

ダイエットをすると決めたらまずは痩せる体重と期間を決めましょう。そうすると、自分の中でも区切りができてダイエットをするぞ、という気持ちも高まります。
辛いことを避けたいのは皆同じですし、無理にダイエットを続けると挫折してしまうこともあります。自分ができること、習慣にしやすいことを見付けて行ってみましょう。

 
 

-ダイエットの豆知識
-, ,

Copyright© ダイエット 痩せる スタイルアップ に関する口コミ情報 , 2018 All Rights Reserved.