ダイエット 痩せる 方法 口コミ RAD

女性のためのダイエット 痩せる スタイルアップ に関する口コミ情報

お腹痩せ ダイエット ウエストを細くする方法

投稿日:

お腹痩せ ダイエット 太ったお腹をすらっとスリムに!ウエスト部分に効果的なダイエット方法まとめ

お腹痩せ ダイエット

お腹まわりはお肉がつくと目立ちやすくなるため、気にされている方は男女問わず多いようです。
「ダイエットをしたいと思う場所は?」と聞かれたときに「ウエスト」と答える人はかなり多く、あるネット上での調査では男性の約90%、女性の約70%がウエストを細くしたいと回答したそうです。

「一度ついた脂肪はなかなか落とせないだろう」と諦めてしまう前に、ウエスト部分を細くするために効果的なダイエット方法に挑戦してみませんか?
そして、ウエストが太くならないために、お腹周りが太ってしまう原因も解説します。

 
 

ウエストが太くなる原因 お腹周りにお肉がつくのはなぜ?

まずはウエストが太くなる原因を知りましょう。

 

カロリー摂取量が多すぎる

ウエストの太さに関係する最も大きな理由だと考えられるのが、食べ過ぎなどによるカロリー摂取量の増大です。
私たちはさまざまな活動を行うためにカロリーをエネルギーとして消費していきますが、消費されるカロリーの量以上に摂取してしまうことで体の内でカロリーが余ってしまうことになり、太りやすい状態をつくります。
年齢、性別、普段の生活など、カロリーの消費量や推奨される摂取量は個人個人で異なりますが、目安となるのは以下の値です。

 

<男性の場合>

・あまり動く機会がない…2,150kcalから2,250kcal
・1日1時間ほど運動をしている…2,400kcalから2,500kcal
・ジムなどでしっかりと運動を行う習慣がある…3,400kcalから3,500kcal

 

<女性の場合>

・あまり動く機会がない…1,700kcalから1,800kcal
・1日1時間ほど運動をしている…2,300kcalから2,400kcal
・ジムなどでしっかりと運動を行う習慣がある…2,700kcalから2,800kcal

 

栄養バランスの偏り

カロリー摂取量が適切であっても、食事の内容によっては栄養バランスが偏っていると、脂肪がつきやすい体を作ってしまいます。
最も注意したいのが、脂質です。
栄養素は体の中でエネルギーや筋肉として蓄えられていきますが、脂質は脂肪に変化して蓄えられていくため、脂質が多ければ多いほど脂肪がつきやすくなります。

しかし、「太りたくないから」といって脂質を一切摂取しない、など極端なのも、健康を損なう恐れもあります。
体の中で酸化しない「一価不飽和脂肪酸」は血中の悪玉コレステロールに対して有効であると言われていますので、この「一価不飽和脂肪酸」を多く含んでいるオリーブオイルを使用するのがおすすめです。
食材を選ぶ際には、アボカド、アーモンドを選ぶと「一価不飽和脂肪酸」を摂取することができますよ。

 

運動不足

運動不足を太る原因として思い浮かべる方も多いと思います。
たしかに、運動不足の状態となることで、食事で摂取したエネルギーを十分に消費できない、ということが起こりやすくなり、消費カロリーの低下を引き起こしてしまいます。
その結果、太りやすい状態となります。

さらに、デスクワークなどで長時間同じ姿勢で過ごしている場合には、血液やリンパの巡りが悪くなって代謝を下げる可能性があるため、注意が必要です。
なるべく階段を使う、ウォーキングを始める、など軽い運動でも効果的ですのでぜひ行ってみてください。

 

生活習慣の乱れ、ストレス

毎日7時間以上の睡眠がとれていますか?
実は、ダイエットのためには睡眠も重要です。

そして、生活リズムが日によってまちまちだと、体が休む時間が得られない状態になってしまい、太りやすくなると言われています。
さらに、生活リズムの乱れによって体がストレスを感じることで、「コレチゾール」というストレスホルモンが発生し、「ストレスを発散させるために甘いものを食べよう!」と指示を出すようになってしまいます。
これにより、糖質や脂質の多いお菓子やスイーツを食べる機会が増えていき、結果として太りやすくなります。

しかし、1日7時間程度の睡眠をとれていれば、ストレスホルモンの増加を防ぎ、食欲増進を防ぐ「レプチン」を増やすことができますので、ダイエットのためにも早寝を心掛けましょう。

 

姿勢が悪い

無意識のうちに猫背になっている、という方は要注意です。
というのも、悪い姿勢で過ごすことで、本来使われるはずのお腹まわりの筋肉が使われなくなり、次第に衰えて緩んだような状態となってしまうからです。

正しい姿勢で過ごせば、筋肉は衰えないので正しい姿勢を維持しやすくなり、スリムな体型も作りやすくなります。
腹筋が苦手な方も、この方法なら取り組みやすいですね。

 

遺伝

両親、親戚を見てみたとき、お腹に脂肪が多く付いているなと思う人はいませんか?
この場合は、遺伝によってお腹周りに脂肪がつきやすくなっている可能性があります。

今は痩せている状態でも、これまでに紹介してきた太りやすくなる原因によって、太る可能性がぐっと高まりますので、注意した方が良いでしょう。

 
 

性別によって異なる脂肪のつき方

ぱっと見ただけでは区別しにくいのですが、男性と女性で脂肪のつき方は異なるそうです。

 

<男性の場合>

男性のお腹周りにつくのは、内臓脂肪です。
内臓脂肪とは、私たちの体の中で臓器の位置を正しい位置に固定しておく、という働きを担うものなのですが、内臓脂肪が多くなりすぎることによって、メタボリック症候群と呼ばれる状態を引き起こすことがあります。

中高年の男性の中には、メタボを気にしているという方も多いようですが、メタボリック症候群になると高血圧や糖尿病といった生活習慣病の原因となって、寿命を縮める可能性が高まりますので、ダイエットに取り組んで健康な体を手に入れておきたいですね。

ちなみに、内臓脂肪は血液に溶けやすいという特徴を持っており、軽い運動を定期的に行うようにするだけでも落としやすいと言われています。

 

<女性の場合>

女性のお腹周りにつく脂肪は、皮下脂肪です。
下腹部から下半身にかけて付きやすい脂肪で、皮膚の下についています。
内臓脂肪とは異なり、多量の脂肪がついても病気になる可能性が高まることはないだろうと言われている一方、体重の増加による体調不良の可能性はあります。

皮下脂肪はエネルギーの貯蓄や保存のために溜め込まれており、飢餓状態になった際などに消費されるものです。

かなり落としにくい脂肪ですので、スリムな体のためには皮下脂肪を付けないように気を付けておきましょう。

 
 

お腹痩せに効果的なエクササイズ

お腹が出てきた、と思ったらお腹全体に効くエクササイズを行いましょう。

 

ペコポコダイエット

これは、お腹に力を入れて引っ込める→力を緩めてお腹を出す、ということを繰り返すだけのエクササイズです。
2秒程度時間をかけてお腹を動かすようにすると、じんわりと効いていく感覚が分かりますよ。

 

有酸素運動

ダイエットの定番でもある有酸素運動。
ウォーキング、ジョギング、サイクリング、エアロビがこれに該当します。
しっかりと呼吸しながら運動することで、脂肪が燃焼しやすくなります。

 
 

ウエストのくびれを作るエクササイズ

お腹の脂肪が減ってきたら、くびれを作るためのエクササイズも行いましょう。

 

腰回し

まず、両足を肩幅より少し大き目にして立ち、上半身を固定するように両手を腰に当てて腰を時計回りに10回、反時計回りに10回ほど回します。

 

シャドウボクシング

お腹に力を込めた状態で、ウエストを捻ることを意識しながらパンチの動作を行うエクササイズです。
はじめはゆっくりでも、慣れてきたらスピードを早めてリズミカルに行うようにしましょう。

 
 

下腹痩せエクササイズ

下腹痩せは難しいイメージがありますが、おすすめのエクササイズがあります。

 

ドローイングダイエット

これは深く呼吸をする際にお腹をぐっと引っ込める動きを利用したものです。
まず仰向けになって4秒かけて息を吐き、お腹を思い切り凹ませます。寝る前にも行えるエクササイズですね。

 

ヒップリフト

こちらも仰向けになって行うエクササイズです。
仰向けになったら膝を立て、足に力を入れてお尻を持ち上げましょう。
その後10秒数えてからゆっくりとお尻を下ろします。これを10回繰り返します。

 
 

お腹痩せ ダイエット、頑張ろう!

お腹周りに脂肪がついてしまう原因や効果的なエクササイズについて知ると、誰でもできそうな方法ばかりですよね。
エクササイズは全てを行う必要はありませんので、できるものを無理のない範囲から初めてみましょう。

 
 

-お腹痩せ(おなかやせ)
-, ,

Copyright© ダイエット 痩せる 方法 口コミ RAD , 2018 All Rights Reserved.